遺産相続でもめないための遺言書とは

相続トラブルは後を絶ちません。「私の方が親の面倒を見た!」「最後まで親と同居していたのは私たち夫婦だ!」など、外から見れば本当にみっともないものです。そもそも、そんなことを言っても無駄であることを本人たちは知りません。
故人が生きている時、どれだけ生前の故人に貢献したかなど、遺産分与の決め手になりません。法律で定められた範囲を超えて故人の意思を無視することなど、まず裁判所が認めてくれないでしょう。
それなのに、みっともない争いは後を絶ちません。したがって「老後をどう生きるか」を考えるのと同時に、「死んでからのトラブルを防ぐには?」も併せて考えておきましょう。

遺言書を作成する

遺産相続は、基本的に「法定相続分」に即して行われます。遺言書がない場合は、残された家族がどれだけ争ったとしても、法律で定められた範囲を超えて相続することは基本的に出来ません。争っても無駄です。しかし遺言書があれば、醜い争いも少しは防ぐことが出来るでしょう。

それでは遺言書の作成方法を紹介していきます。自分の遺産を法定相続分に即して分配したい場合は、「法定相続分に即して分配する」と書けばOKです。これなら残された家族がどれだけもめても法律がきちんと分配してくれます。

特定の個人に多く(あるいは少なく)残したい場合は、その旨を書いておきましょう。しかし、「○○一人に全財産を相続させる」と書いても無駄です。「少し多く(少なく)」と言う程度なら遺言書の文言が優先されますが、「遺言書のせいで一銭も入ってこない。法律的には相続する権利があるのに…」という状況は防がなくてはいけません。したがって特定の個人に多く残すことは可能ですが、法律で「たとえ遺言書の内容とは違っても、最低これだけは相続しても良い」と「遺留分」が確保されているため、「全額を○○に」という極端な配分は出来ないと考えてください。

こんな状況はどうする?

さて、遺産相続で最ももめやすいと言われているのが、「配偶者VS故人の兄弟姉妹」です。とくに夫婦に子供がいない場合、故人の兄弟姉妹にも4分の1の相続権利が発生します。これでもめることが非常に多いので、子供がいない場合は「どのように配分するか?(兄弟姉妹にも残すのか?)」などを決めてください。

さらに天涯孤独に近い場合も注意です。すでに配偶者も亡くなっており、子供もいない。兄弟姉妹もいなければ、甥っ子や姪っ子もいないという状況です。この場合、法律で定められた「相続する権利を持った親族」は誰もいなくなるため、放置しておけば財産は国のものとなります。

この場合は遺言書で特定の人や団体を指名しておきましょう。「国に寄付しても良い」と考えるのであれば、「国に寄付する」と明記してください。放置しても勝手に国の物になりますが、「自分の意志で国に寄付をした」という思いを形で残すことが大切です。

いかがでしょうか?遺言書は、残された家族へのメッセージや感謝の気持ちも書くのですが、やはり遺産相続に関することがメインになるでしょう。「私は家族や親族を信じる!私が死んでもトラブルは起こさないはずだ!」と思っていても、もめてしまうのが遺産相続だと考えてください。

また、それまでごく自然な親族としての付き合いだったのに、故人が亡くなった豹変する人もいます。いつ、誰が、どんな風に揉め事を起こすか分からないのが遺産相続の世界ですので、信じることは大切ですが、それでも遺言書に明記しておくことは非常に大切なことです。