「終活」に興味を持ってみませんか?

映画「エンディングノート」の影響で、今では日本全国で終活セミナーが開催されています。セミナーには「老後をどう生きるか?」を考えるご夫婦がたくさん押し寄せており、セミナーも行われるたびに活況となっています。

しかし、わざわざセミナーに行かなくても終活は自分で行うことが可能です。終活とは何か?そして「自分でやっておくべきこと」なども紹介していきましょう。

終活とは?

終活とは、読んで字のごとく「終わりを迎えるための活動」ということになります。人間はいつか必ず死にます。そして日本の場合、まずご主人が亡くなるケースが多いでしょう。しかし、亡くなった後の作業が大変です。生前に何も決めてなかった場合、アタフタするのは残された家族ですし、最悪のケースでは遺産相続等のトラブルになることもあります。

だからこそ、生きているうちに「遺言書」を作成したり、葬式の内容、相続のことなどを決めておくことが重要です。

もう嫌がる時代ではない

このような終活がブームになっているのですが、中には「生きているうちにそんな事をする必要はない!縁起でもない!」と考える方もおられます。しかしよく考えてください。終活をしないのは個人の自由ですが、困るのは残された家族の方です。言葉は悪いですが、「死んだ方は気楽」な立場だとも言えます。

「縁起でもない!」などと言う時代は昭和の話です。今は「生きているからこそ、死ぬ時のことを考える」という考え方が一般化していると思ってください。

何をすれば良い?

まずは葬儀に関することです。自分が死んだことを知らせてほしい人、また葬儀の規模などを決めておくと良いでしょう。

相続に関しては細かく決めておくべきですが、基本的には「法定相続分(法律で定められた相続できる分)」を基準に決めれば良いと思います。しかし特定の人に少し多く残したいなどの希望があれば、それを遺言書に明記しておきましょう。

続いて埋葬方法です。普通に考えれば、自分たちのお墓に入れてもらうことになるのですが、最近では「思い出の土地に埋葬してもらう」、「海に散骨して欲しい」というリクエストも増えているようです。宗教上の礼儀を重んじるなら先祖のお墓に入るべきですが、気にしないなら選択肢はいくつかあると考えておきましょう。

また、「自分と配偶者のためのお墓」を用意されるご夫婦も多いようです。たとえばご主人が先に亡くなって、遺骨を新しいお墓に入れます。そして奥さんがなくなったら、ご主人が待つお墓に入れてもらうという方法です。一度、終活セミナーに参加して様々な選択肢を検討するのも面白いでしょう。

昭和の無骨な男であれば終活など聞きたくもない言葉でしょうが、「残された家族に迷惑をかけない」という意味でも、終活は非常に大切なことです。そして多くの人が大切だと分かっているからこそ、全国の終活セミナーが活況となっています。

「老後をどう生きるか」を考えることは大切です。しかし「自分が死んだ時どうするか?」を考えることも、「老後をどう生きるか」の大切なポイントではないでしょうか。