毎日パートナーを褒めてますか?

自分たちはどんな夫婦なのか、この機会に改めて見つめなおしてみませんか? 仮面夫婦になっていませんか? 相手をしっかり褒めていますか? 夫婦ゲンカは犬も食わないと言います。夫婦でしっかりコミュニケーションをとって、毎日イキイキとした生活を送りませんか?

パートナーをしっかり褒めていますか?

出会った頃は恥ずかしがりながらも、相手に対してしっかり愛情を示していたのではないでしょうか。ところが、付き合いが長くなり、長い間同じ屋根の下で暮らしていると、言わなくても伝わっているだろうという安易な気持ちから、いつの間にか相手を褒めることがなくなったというカップルは少なくないようです。いくつになっても大切な人に褒められたら嬉しいものです。

最近夫婦の会話が減ってきたという方、なんとなく夫婦の距離感が遠くなったと感じている方、パートナーをしっかり褒めてあげてください。褒めるポイントはなんでもOKです。しばらくぶりに褒められた相手は驚くかもしれません。なにからかってんのよ、と言う返答が返ってくるかもしれません。それでもしっかり褒めるんです。わざとらしいのはNGですが、相手のことを考えてみたらこんなにもありがたいと思うことがあったのかと改めて実感するはずです。その気持ちを言葉に出して伝えてあげてくださいね。

夫婦ケンカを少しでも早く終わらせたいときの秘訣

夫婦ケンカがヒートアップすることがありますよね。何でも本音で語り合える、心許している相手だからこそ自分の気持ちをぶつけ合い、もう誰にもとめられない!そんな経験はありませんか? ケンカをしたときの最悪なパターンが、急に口を聞かなくなったり相手の主張に一切耳を傾けなかったり、家を飛び出したり、自分の非を絶対に認めなかったり、これでは状況が悪化するばかりです。

まずは冷静になって考えてみてください。腹が立ったときほど、なぜケンカになってしまったのか、どうして相手は自分の気持ちを分かってくれないのか、一呼吸置いてみましょう。ケンカを早くおさめるためには、自分の気持ちを分かってもらえたという安心感を与えることなんです。自分の意見と相手の意見が合わないことのほうが多いですから、ケンカになるのは仕方がないことです。伝えたいことを理解してもらいたいなら、自分から相手の気持ちを理解する姿勢を示すのです。

そして最後はスキンシップでごめんなさい、これが絶大な効果をもたらします。夫婦と言う関係だからこそ、スキンシップで相手に素直に謝るのです。もちろん、ただ触れ合うのではなく、言葉で伝えることも重要です。肩をもんであげる、腕を組む、手を繋ぐ、抱き合う、なんでもOKです。夫婦だからこそ、上手に謝ることですぐに関係が修復できます。夫婦ケンカは引きずらないこと、もちろん蒸し返さないことも忘れないでくださいね。

今更褒めるなんて照れくさい、などと言っていたのでは夫婦関係が悪化する可能性がでてきますよ。大切な人から褒められたら、自然と「もっと頑張ろう」「ありがたい」と思うものです。お互いに褒めあうことを実践している夫婦は、いくつになってもラブラブカップルです。傍から見てうらやましいと思えるような夫婦を目指してみませんか?