「得をするために長く働く」という考え方

60歳で定年退職を迎え、それ以降も働く方が増えています。「無収入になるのが不安で…」という方もおられますし、「会社に残ってほしいと頼まれた」という方もおられます。あるいは「働くことを止めたくない!」と思い、働くことを生きがいにしている方もおられるでしょう。

このように60歳以降も働く方が増えているのですが、「得をするために長く働く」という考え方を紹介します。

厚生年金44年加入特例とは?

サラリーマンの場合、基本的には厚生年金に加入します。そして定年退職後も会社に残る場合は、そのまま厚生年金に加入し続ける方もおられます(定年後の雇用形態によります)。その時、「44年」という数字に注目してください。法律的には「528か月」なのですが、「44年」と覚えていればOKです。

じつは厚生年金では、長期にわたって加入した人に対して「ご褒美」が用意されています。それを受給できる条件が「44年」です。たとえば中卒でサラリーマンになった場合、60歳ピッタリで定年を迎えると44年加入したことになります。高卒の場合は63歳まで、大卒の場合は67歳まで厚生年金に加入していると、特例として「ご褒美」が貰える仕組みです。

どれだけ貰えるの?

様々な条件によって異なりますが、年額固定分は「80万円」です。したがって、その時点で厚生年金が年額で80万円プラスされると思ってください。さらに加入年金額の対象者がいる場合は、さらにプラスされることになります。

加入年金額の対象者とは…

■厚生年金に加入している人の配偶者
■65歳未満
■厚生年金の加入者と生計が同じ(お財布が一緒ということです)
■前年の年収が850万円未満
■老齢厚生年金に20年以上加入していない
■退職共済年金を受給していない
■障害年金を受給していない

上記の条件をすべて満たせば、「加入年金額の対象者」となります。厚生年金に加入していたのが旦那さんの場合、奥様が上記を満たしていればOKだと考えてください。そして対象者がいれば、年額で約40万円が年金にプラスされます。

つまり上記で紹介した固定分の「80万円」と、さらにプラスされる「約40万円」、合計で年額120万円も得をすると考えてください。したがって、高卒でサラリーマンになった方の場合、60歳で定年を迎えれば加入期間は41年~42年になっていると思います。つまりあと2~3年長く加入していれば、上記の「お得な年金」を受け取る権利が生まれるということです。

厚生年金44年加入特例は、一言で言えば「大盤振る舞い」です。しかしこれを知らないと、「あと数年で特例を受けられたのに…」ということになるでしょう。そうならないためにも、「何が何でも44年間は加入してやる!」などの「得をするために長く働く」という考え方を持ってみましょう。

ちなみに、「自分はどれぐらい加入しているのか?」に関しては、「ねんきんネット」や「ねんきん定期便」で確認することが出来ます。