失業保険?年金?どちらをアテにしますか?

以前は「60歳で定年」が当たり前でしたが、今では「65歳で定年」という会社もあります。また、「定年は60歳だが、65歳までは再雇用する」という会社も増えています。さらに「65歳以降も会社で働き続ける」という方も増えており、還暦以降の労働スタイルは随分と多様化してきました。

そして、どの時点で「もう働かない」と選択するかは個人の自由ですが、「もう悠々自適になりたい」と思った時の年齢によって、年金をアテにするのか?あるいは失業保険の申請をした方が得なのか?が変わってきます。

60歳ピッタリで悠々自適の場合は?

60歳ピッタリで定年退職を迎え、部下たちに花束を渡されて会社を去ったとします。そしてこの時点で「再就職の意思がない」と仮定しましょう。この場合、生活費は年金をアテにした方が良いのでしょうか?それとも失業保険をアテにした方が良いのでしょうか?

皆さんの中には「両方を貰えばベストじゃない?」と考える方もいると思います。しかし現在の法律では、「年金と失業保険(基本手当)を同時に受け取ることは出来ない」ことになっています。したがって、どちらかを選択しなければダメだと考えてください。

では結論です。この場合、多くの方は「失業保険」を申請した方が良いでしょう。なぜなら、年金の満額支給は65歳からであり、部分的支給が開始するのも61歳からであるためです。60歳ピッタリでリタイアした場合、年金はまだ貰えない(無収入になる)ので、失業保険の基本手当を申請した方が良いということです。

61歳~65歳で悠々自適の場合は?

続いて、61歳~65歳でリタイアした場合を考えましょう。この場合は部分的に年金も出ますし、一方で失業保険を申請することも可能です。しかし上記の通り、「年金と失業保険を同時に受け取ることは出来ない」ため、どちらかを選択する必要があります。

この場合は、「貰える年金の金額VS失業保険の基本手当」で比較して決めてください。少しでも大きな金額の方を選択しておけば良いでしょう。

65歳以降に悠々自適の場合は?

65歳以降にリタイアする場合は、年金は満額支給されます。したがって迷うことなく年金をアテにすれば良いのですが、それだけで満足するようではいけません。長く働いてきたのです。国の制度を利用して、「貰えるものは貰っておく」の精神を持ってください。

厚生年金は、基本的には65歳未満が対象となります。したがって65歳を超えて退職した場合、「失業保険は貰えないのか…」と考えている人も多いようです。しかし、65歳以降に退職した人への「一時金(基本手当日額の30日or50日)」が支給されることをご存知でしょうか?

「えっ?年金と失業保険は同時に受け取れないのでは…?」と思ってしまいそうですが、じつは失業保険の「一時金」に関しては、年金と同時に受け取ることが可能です。支給される日数には制限がありますが、貰える権利があるなら貰った方が得です。ぜひ忘れずに申請するようにしてください。

「60歳」「61歳~65歳」「65歳以降」という三つの時期によって、得をする方法は変わってきます。何も知らなければ損をしてしまうだけなので、ぜひ上記のような知識を身に付け、「少しでも得をする選択肢」を自分で見極められるようになってください。