夫婦円満の秘訣はコミュニケーション

夫婦円満な関係を保つために何か努力をしていますか? 傍から見て仲のよさそうなカップルは何も努力せずラブラブで居続けているわけではないようです。お互いの距離がどんどん開いていくきっかけである夫婦間の不快指数を上げないためには、お互いの努力が必要不可欠みたいですね。

夫婦の会話を弾ませる秘訣はナニ?

何も話さなくても分かり合っている、と思い込んでいませんか? 夫婦のコミュニケーションは同じ屋根の下で暮らしている以上、大切なものなんです。長年一緒に暮らしていると、その感覚が麻痺してきますが、夫婦の会話はこれからも一緒に暮らしていくために必要不可欠な重要事項であることをぜひ再確認してください。相手がせっかく話しかけてきているのに空返事をしていませんか? 聞き上手になることは会話を弾ませるために大切です。色んな話題に興味や関心を持っていますか? 話し上手になることも会話を盛り上げる秘訣なので、日常の色んなことに関心を持って、楽しいことや面白いことを大切なパートナーと共有しましょう。

夫婦間の不快指数を下げるために

同じ屋根の下で一緒に暮らしているわけですから、些細なことでケンカをすることもあるでしょう。夫婦ゲンカは犬も食わないということわざもあるように、傍から見れば「そんなくだらないことで夫婦ケンカ?」と笑ってしまうようなことが原因になっていることはよくありますよね。例えばエアコンの設定温度で口ケンカをした経験はありませんか? 男性は暑がり、女性は寒がりなので二人の意見がぶつかり合うことが多いシチュエーションですね。それから旅行に行くと必ずケンカをしてしまうというカップルも少なくありません。せっかく二人の仲を深めるために旅行に来ているのに、ケンカをしたのでは台無しです。ケンカになってしまう理由は、自分の意見だけを押し付けてしまうからです。例えばエアコンの温度のことなら、二人が快適に過ごすためにはどうしたらいいか、を話し合えばケンカになることはありません。暑がり、寒がりは簡単に治るものではありませんから、二人にとってどうすれば一番良いのかを話し合うことで夫婦間の不快指数を下げることができるでしょう。

自分の価値観を相手に押し付けないのがコツ

夫婦といってもすべての価値観が同じわけではありませんよね。それをしっかり理解しているかどうかがキモなんです。これ面白いよねとか、これ楽しいよね、というツボが同じだと確かにそれは夫婦円満の秘訣かもしれませんが、すべてが同じというわけではないでしょう。「こんなに面白いのになんでこの面白さが分からないの?」とか、「この楽しさが分からないなんて信じられない」などと相手の価値観を否定していませんか? これこそ夫婦間の不快指数を上げてしまう大きな理由のひとつなんです。共通する価値観は一緒に楽しんだり喜んだりすればいいですし、もしも価値観が違ってもそれを尊重してあげることが夫婦円満の秘訣みたいですよ。

いかがでしたか? 改めて二人の関係を深めるために何もしていなかったと痛感している方もいるのではないでしょうか。一緒にいると安心できる、ほっと安らげる、そう思える関係を築くためには二人の努力が必要不可欠です。