一眼レフをもてば、ほら、あなたもカメラマン

「どうせどんなカメラで撮っても写りは変わらない」と考えている人も多いでしょう。確かに理論的には道具が変わっても映る映像は変わりません。しかしそれはカメラのせいではなくて、撮る人の腕の問題です。撮影技術がなければ、どんなに高いカメラを使っても良い写真は撮れません。

ただ、安いカメラしか使っていない人はうまくなることはありません。カメラを適当に選んだのと同様に、撮影時にも適当に撮ってしまうからです。高級カメラを持ってしまえば、カメラに合わせた技能を身に着けようという意識が生まれます。結果として、良いカメラを持てば、良いカメラマンになることができるはずです。

高級なカメラのオーナーになることは、それに相応しい撮影者になろうという意欲を沸き立たせるものです。高級外車のオーナーはその車にふさわしいドライビングを自然にしてしまうもの。それと同様に、ハイクラスなカメラは撮り手にも品性と高い技術を自然に要求します。良いカメラをもって、芸術性に目覚めましょう!

一眼レフカメラを買いに行きましょう!

一眼レフカメラにも安いものはあります。エントリーモデルなら2万円程度から買えるでしょう。しかし、そんなものを買うくらいなら、ない方がましです。本体だけで最低でも10万円はかけてください。これから、一流カメラマンになろうとするわけですので、メーカーはキャノンかニコン。国産の一流メーカーを選びましょう。

三脚やレフ板なども合わせて買います。三脚もピンキリですが、1万円程度は出したいところです。レンズも最初は一つで良いですが、いずれは「単焦点」や「ズーム」もそろえなければなりません。これからどんどん腕が上がります。最初は10万円のカメラでも、いずれはもう少しハイレベルなカメラに買い替えることを念頭に置いてください。

レンズひとつが10万円ということも、将来的にはあります。それをいくつか持つことになります。三脚も10万円前後となるでしょう。

撮影に行きましょう!

公園に行きましょう。近所の小さな公園ではなく、自然公園のような大きなところ。調布の神代植物公園のように、木々や花がたくさんあるところがベストです。まずは風景を撮ります。木々や空、芝生で遊ぶ人。少々遠距離から撮ってみます。そして、次はクローズアップのテクニックを磨くために花を被写体に。バラ園などがあれば、近くによってアップで撮ります。

カメラおじさんが大勢いますので、仲良くなれば撮り方を教えてもらえます。毎週来ているような人たちばかりですので、何度も通えば顔なじみになりますから、レンズやカメラについての情報も仕入れましょう。ネットで調べるより実体験の裏付けがあって、有用な情報のはずです。

三か月も公園通いを続ければ、そろそろあなたも一流の仲間入り。気づいてみたら、撮影技術にすっかり自信を持っているはずです。これで、ひとつ新しい自分を創ることができます。

良いカメラを持ってシャッターを押せば、新しい人生が見えてくるはず。一流カメラマンを目指しましょう。