夫婦一緒にお風呂に入ればいいことたくさん

お風呂の時間をどうやって過ごしていますか? 体を洗って湯船に使って一人で過ごす、これはとてももったいないことです。パートナーと一緒に暮らしているなら、ぜひ二人一緒にお風呂に入ってみてください。出会ったころのようなドキドキ感が復活して、二人の関係性がずっとよくなるはずですよ。

子供が小さいうちは家族みんなでお風呂に入ろう

30代~40代の夫婦は、一緒にお風呂に入っているというカップルがとても多く、その理由は、子供と一緒にみんなで入ることを心がけているというものでした。家族が多ければお風呂も大変ですよね。仕事を終えて夕飯の準備をして、家族そろって晩御飯。いち段落したら家族みんなでお風呂タイム。実はこのスタイル、子供の教育にも非常にいいらしいですよ。お父さんとお母さんがいつも一緒にお風呂に入っている、ということは夫婦仲がいい証拠です。お父さんとお母さんがいつまでも仲良しという家庭で育ったお子さんは、気持ちにゆとりを持つそうです。愛されること、愛することの素晴らしさを肌で感じているわけですね。将来的にお子さんが独り立ちをして結婚した場合でも、自分のお父さんお母さんを理想の夫婦象として自分たちも実践しているという方も少なくないのだとか。

お風呂での密接な時間は夫婦仲を深めてくれる

長く一緒にいると話すことがなくなった、会話が続かないという声も聞こえてきます。しかし、これは心がけ次第で状況を改善させることができますよね。お風呂はお風呂に入ることを目的にしているので、自然と二人の間に会話が生まれます。仕事のことでもいいでしょうし、年齢的に健康の話などは弾みそうですね。今度の休みにデートの約束もスムーズにできそうだと思いませんか? 最近夫婦仲がなんとなく冷めてきたというカップルの皆さん、ぜひお風呂で夫婦のコミュニケーションを実践してみてください。このままじゃ熟年離婚、もあるかもしれません。夫婦で一緒にお風呂に入れば、必ず、夫婦の絆が深まります。誘うのが照れくさいというのなら、ちょっとしたきっかけを作ってみてください。疲れてるみたいだから背中流そうか?とか言いやすそうですね。

ぬるめのお湯で30分ぐらいが丁度いいらしい

人間の体には熱いお風呂はあまりよくないらしいです。ちょっとぬるめのお風呂だと副交感神経が刺激されてリラックス状態を生むことができます。夫婦そろってリラックスできれば、素直に色んなことを話せると思いませんか? 長い時間会話をすればいいというものでもないそうです。お風呂タイム30分で濃密な時間を過ごすこと、これでもじゅうぶん夫婦仲を良くすることができると言われています。一日30分の二人だけの時間、これを意識するだけでいくつになってもラブラブ夫婦でいられるのですから簡単ですね。

いかがでしたか? お風呂なんて一人で入ったほうがラクという方もいるでしょう。しかし、せっかく一つ屋根の下で一緒に暮らしているのですから、大切な人と裸の付き合いを心がけてみてください。口に出していないだけで、実は一緒にお風呂に入りたいと考えている人は結構多いみたいですよ。あとはきっかけを作るだけです。