まさに夫婦水入らずでいつまでも仲良し夫婦

夫婦が一緒にお風呂に入ること、これが日本でも当たり前のことになってきたみたいですね。海外に比べればまだまだ数は少ないみたいですが、カップルで一緒にお風呂に入るメリットを考えると、積極的に一緒にお風呂に入ることを心がけてほしいと思います。照れくさい、と思っている時間が勿体ないですよ。

仲良し夫婦のエコロジーお風呂タイム

中高年世代になっても一緒にお風呂に入っているカップルのすべてが、一緒に入ることはいいことと声を大にして語ってくれています。そのひとつが「エコロジー」であることです。今の時代は色々とお金がかかります。節約できる部分はできる限り節約をする、という心がけからガス代や電気代の節約のために夫婦一緒の入浴が一役買っているという声も聞こえてきます。例えば、一緒にお風呂に入ると追い炊きがいりませんよね。実はこの追い炊き、一年間に換算するとおよそ1,500円もの節約に繋がるそうです。CO2も軽減できますよね。おサイフに優しい、地球にも優しい、夫婦円満だけでなく、一緒にお風呂に入ることはいいこと尽くしなんですよ。

中高年にこそお勧めしたい夫婦二人でお風呂タイム

年齢が若ければ若いほど、一緒にお風呂に入るカップルは多いみたいですが、中高年のカップルにこそぜひ一緒にお風呂に入ってもらいたいのです。もちろん、夫婦仲がよくなるのはもちろんなんですが、消防庁のデータによると、お風呂に入っているときに具合が悪くなった場合、誰かがそこにいてくれたらすぐに体の不調に気付いてくれます。一刻を争う状況なので、すぐに救急車を呼ぶことができますよね。実は、大衆浴場などで倒れたときの蘇生率が非常に高いと言われています。健康を気遣う年齢になってくるわけですから、お互いを思いやる意味でも一緒にお風呂に入ることをお勧めしたいのです。何かあってもパートナーがいてくれるからだいじょうぶ、という安心感は何物にも変えられませんからね。

一緒にお風呂に入るから仲良しになれる

仲良し夫婦はいつも一緒にお風呂に入っている、ちょっと視点を変えてみてください。いつの間にかお風呂に一緒に入らなくなってしまったというカップルにこそ、ぜひ視点を変えてもらいたいのです。実は、一緒にお風呂に入っているという二人は、仲がいいからお風呂に入っているのではなく、一緒にお風呂に入るからいつまでも仲良し夫婦でいることができる、と考えているのです。何の努力もせずに仲良くいれるわけではないんですね。お互いに歩み寄ることで、仲良く居続けることができるわけです。パートナーに望むばかりで自分は何もしていなかった、と痛感した方も多いのではないでしょうか。夫婦円満の秘訣は、自らしっかり愛情を表現すること、これが一番大事みたいですよ。

いかがでしたか? 一緒にお風呂に入ることには、たくさんのメリットがあることをお分かりいただけたのではないでしょうか。夫婦水入らずでいつまでも仲良く、そして健康に暮らしていきたいものですね。久しぶりに一緒にお風呂に入ろうと、パートナーを誘ってみてください。最初は照れくさくて恥ずかしがっていても、愛情があればこそ胸がときめいてくるはずですよ。