いつから一緒にお風呂へ入らなくなりましたか?

夫婦一緒にお風呂に入ることは、想像以上にプラス効果が高いようです。普段はなかなか言えないことも、裸の付き合いによってお互いが素直になれると言います。しばらく一緒に入っていないな、というのならぜひこの機会に、一緒にお風呂に入いってみませんか。

今も一緒にお風呂へ入っていますか?

夫婦などカップルでお風呂に入ることはいいこと、と捉えている方はおよそ70%にも上ります。ところが、実際に一緒にお風呂に入っていると答えたのは全体のおよそ40%しかいません。一緒に入りたいけれど入っていないというカップルが結構多いんですね。二人で入ることは愛情の証と言うことは分かっているけれど、いつも一人で入っている、これはちょっと寂しいですね。年齢が若ければ若いほど一緒に入りたいという人が多く、40~50代の女性を対象にすると極端に数字が減ってしまうという結果も出ています。体型に自信がないから、一緒に入るのは恥ずかしいと思っているようですね。これを踏まえて考えると、男性から一緒にお風呂に入ることを誘ってあげることがポイントになりそうです。

一緒にお風呂に入ることは夫婦円満の証

一緒にお風呂に入っているけれど仲は悪い、というカップルはいませんよね。夫婦円満の証のひとつが一緒にお風呂に入ること。なぜかお風呂に入ると素直に色んな話ができるというカップルが多いんです。これは、お風呂に入って緊張がほぐれることが理由のひとつになっています。リラックスした状態なのでお互いの本音を語り合えるわけです。裸の付き合いという言葉がありますが、まさに裸で一緒にお風呂に入れば隠し事がない素直な気持ちになります。「ありがとう」や「愛してる」など普段は照れくさくて言えない言葉を口に出して伝えてください。「愛してる」と言うのが照れくさいなら「好きだよ」でも構わないので。

一緒にお風呂に入って愛情ホルモンを活発化させよう

愛情ホルモンという言葉をご存知ですか? 正式名称はオキシトシンというホルモンなんですが、ボディタッチなど体に触れることで活発に放出されるホルモンなんです。なぜ恋愛ホルモンと言われているのかというと、オキシトシンが活発に分泌されると性的興奮を覚えると言います。性反応があるんですね。例えば、性欲が減ってしまった女性に時間をかけて愛撫することで、どんどん気持ちが高まりセックスに関心が高くなるという話もあります。まさしく愛情ホルモンのおかげというわけです。一緒にお風呂に入ってゆっくりと体を触れ合えば、愛情ホルモンがたくさん分泌されます。セックスレスで悩んでいたカップルが、セックスレスを解消させるために一緒にお風呂に入るようにしたという話もよく聞きます。普段から仲良しのカップルも、ちょっとしたことがきっかけでケンカをしたときに仲直りするために、長らくセックスレスで悩んでいるカップルも、一緒にお風呂に入って愛情ホルモンを活発化させましょう。

一緒にお風呂に入っているのは仲良し夫婦の証です。お互い本音で語り合える貴重な時間ですし、肌を触れ合うことで愛情を確かめ合うこともできます。お風呂は体の汚れを落として体を温めるところですが、それ以外にもカップルの愛情を確かめ合う貴重な場所でもあるんです。